Top > 高年齢雇用継続給付金

高年齢雇用継続給付金

高年齢雇用継続給付金は、労働の意欲とその能力がある60歳以上65歳未満の方の再就職や雇用の継続を促進、援助するための給付のことをいいます。高年齢雇用継続給付金の給付対象は、60歳到達時の賃金に比べて賃金が75%以下に減ってしまったという方が対象となっています。
この高年齢雇用継続給付金には2種類があります。ひとつは、60歳以上65歳未満で再就職をした場合の高年齢再就職給付金。そしてもうひとつは、60歳より前から継続して就労している場合の高年齢雇用継続基本給付金となります。
事業主は、高齢者の労働者に支払う賃金の負担を軽減してくれるという利点が高年齢雇用継続給付金にあります。高年齢雇用継続給付金の支給要件は、まず60~64歳の一般被保険者で被保険者であった期間が5年間以上あること。60歳以降は基本手当てを受給していないこととなります。60歳到達時の賃金に比べて75%未満の賃金で就労している場合は、「60歳になった日以前の6ヶ月間の賃金の平均」となり、75%未満というのは、平成15年4月30日以前に既に給付対象となっている方は85%となります。高年齢雇用継続給付金の支給期間ですが、この支給期間は65歳になるまでの間支給されるようになります。
さて、この高年齢雇用継続給付金を受給したいと思ったときまずは何をすれば良いのでしょうか。高年齢雇用継続給付金を受給するには、この給付金の支給要件に当てはまるようになってから4ヶ月経過するまでに職安に申請をします。職安で受給が決定されれば、7日間以内に受給されます。
この高年齢雇用継続給付金申請に必要な書類は、「「高年齢雇用継続給付金申請書」と「60歳到達時等賃金証明書」という2つの書類が必要となります。そして、2回目以降の支給申請は初回に申請したときと同じように、事務所の所在地を管轄している公共職業安定所(ハローワーク)に行き、高年齢雇用継続給付金と支給対象月にかかる給与明細票をハローワークに提出しましょう。また、原則として2ヶ月に一度、この支給申請書を提出する必要があります。提出書類は2つですが、添付書類には、賃金証明書の記載内容を確認できる書類などが必要となるのですが、これは労働者名簿や出勤簿などが必要になります。
高年齢雇用継続給付金申請手続きは、ハローワークで行っているので、高年齢雇用継続給付金について詳しい情報を知りたいという方は近くのハローワークに訪れてみるのも良いですね。

 

 政治ニュース専門ブログ  ネットブックPCって何? その利用法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
雇用保険とは(2009年9月 7日)
中小企業緊急雇用安定助成金制度(2009年9月 7日)
高年齢雇用継続給付金(2009年9月 7日)
雇用助成金(2009年9月 7日)
雇用促進住宅(2009年9月 7日)