Top > 雇用助成金

雇用助成金

雇用助成金は、業務を遂行するにあたって適正や能力などを見極めてその後の常用雇用への移行や、雇用のきっかけのため経験不足などの理由で就職が困難な求職者を試行的に短期間雇用をするときに支給される助成金のことをいいます。この短期間というのは、原則3ヶ月と決まりがあります。
雇用助成金を貰うことができる要件というものがあります。試行雇用を経ることが適当であるとハローワーク所長が認める人をハローワークの紹介によって短期間雇用することです。45歳以上の中高年齢者・母子家庭の母・障害者・日雇い労働者・ホームレス・40歳未満の若年者となります。
雇用助成金の支給額ですが、対象の労働者1人につき月40,000円の最高3ヶ月間受け取ることができます。この雇用助成金などの助成金は、要件が合えば助成金を受け取ることができるので要件に当てはまっているという方はぜひ申請を行ってください。
雇用助成金のトライアル雇用によって雇用した事業主が利用することができる給付金というものもあります。これは、雇用支援制度導入奨励金というものです。この奨励金は、事業主がトライアル雇用をした労働者を常用雇用へ移して、その労働者の就業が簡単になるような一定の雇用環境の改善を実施した場合に受け取ることができる奨励金です。
受け取ることができる金額は、1事業主につき1回30万円となります。ですが、同一事業主がいくつもの試行労働者に対してそれぞれ異なる雇用環境の改善などを実施して、これの合理性がある場合は複数回の支給という条件があります。
助成金は、国から貰うことができるお金となるのですが、実際に雇用助成金などの助成金制度を利用している方は意外と少ないのです。融資とは異なり、返済が不要となるため、該当者はできるだけ利用したい制度となります。
雇用助成金申請をする場合は、まず雇用助成金申請に必要になる申請書類を集めます。この必要書類を集めて記入し、該当する機関へ行き申請となるのですが、ここでは書類の審査が行われます。とくに悪いことをしていなければ問題なく審査が通ります。そして、申請の受理があり、入金となります。雇用助成金の入金ですが、およそ3ヶ月~6ヶ月間かかるそうなので、できるだけ早めの申請を行うようにしておくと良いかもしれません。
助成金などについては、社会保険労務士という士業が得意とするので分からないことなどは社会保険労務士事務所に訪れてみると良いですね。

 

 投資信託は株より儲かるのか  プロテインダイエットで本当に痩せられるか
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
雇用保険とは(2009年9月 7日)
中小企業緊急雇用安定助成金制度(2009年9月 7日)
高年齢雇用継続給付金(2009年9月 7日)
雇用助成金(2009年9月 7日)
雇用促進住宅(2009年9月 7日)