雇用保険制度最新の記事

雇用保険とは

雇用保険は、失業してしまったときの保障のための公的保険となります。育児休業手当て、介護休業手当てなどの各種手当てや助成金などがある日本の制度の一つとなり、雇用保険にはさまざまな役割があります。失業を防ぐのも雇用保険の役割のひとつで、雇用状態の是正、雇用機会の増大、労働者の能力などの増進を図るために三事業を実施するのも雇用保険の役割となります。
この保険料というものは、働いている労働者だけではなく、会社も負担していて事業者と労働者のものでもあるのです。雇用保険は強制保険となり、事業主が労働者を1人でも雇った場合は必ずこの保険に入る必要があります。
雇用保険にはいくつかの手当てがあります。就業促進手当ては、所定給付日数の1/3以上で45日以上を残して就職したときにこの就業促進手当てが支給さるようになります。この就業手当てという手当ては、安定した仕事に就いているかどうか、支給残日数などによって3つの手当てに分かれます。
ひとつは、再就職手当てとなります。この手当ては、基本手当ての受給資格がある人が、仕事に就いた場合に基本手当ての支給残日数が所定給付日数の1/3以上、45日以上のとき、支給要件を満たしていれば支給されるというものです。この要件は、待期の7日間が終わっていること・1年以上の勤務が確実であること・離職前の事業主に雇用されたものでないこと・再就職手当てや早期再就職支援金、常用就職支度手当てなどの手当てを受けたことがないことなどの要件があります。
二つめは、常用就職支度手当てとなります。これは、就職日において45歳以上で雇用対策法などに基づく再就職援助計画の対象者や障害のある人などがなかなか就職できない方が受給中に安定所の紹介厚生労働大臣の決めた無料・有料職業紹介事業者の紹介で安定した仕事に就いたときに受け取ることができる手当てになります。
そして、雇用保険の就業手当てですが、これは基本手当ての受給資格がある方が再就職手当ての支給対象外となる常用雇用など以外の形態で就業したときに受け取ることができる手当てとなります。支給額は就業日×30%×基本手当て日額となります。
支給残日数ですが、これは就職日の前の日までの失業認定を行った後の基本手当ての支給残日数のことをいいます。ですが、この日数が就職日から受給期間満了日までの日数を超えてしまう場合は、就職日から受給期間満了までの日数が残日数となるのです。

 

 労働組合役員の勤務偽装「ヤミ専従」とは  SPI攻略法

雇用保険制度について

雇用保険は、失業してしまったときの保障のための公的保険となります。失業を防ぐのも雇用保険の役割のひとつで、雇用状態の是正、雇用機会の増大、労働者の能力などの増進を図るために三事業を実施するのも雇用保険の役割となります。
カテゴリー
更新履歴
雇用保険とは(2009年9月 7日)
中小企業緊急雇用安定助成金制度(2009年9月 7日)
高年齢雇用継続給付金(2009年9月 7日)
雇用助成金(2009年9月 7日)
雇用促進住宅(2009年9月 7日)